ウォーキングダイエット 効果

ウォーキングダイエットは、歩くだけのダイエット方法です。

ただ漫然と歩いていても意味はなく、腕を大きく振りながら多少早足で歩くことで効果が上がるといわれています。

歩く時間としては、30分以上、距離も4〜5キロ毎日続けることが大切だといわれています。

ウォーキングダイエットを効果的に行うコツとしては、両手に水を入れたペットボトルを持って負荷を付け、ひじを軽く曲げた状態で大きく腕を振りながら歩く事です。

肩甲骨周りの筋肉もほぐれますし、二の腕がすっきりするという相乗効果もあります。

また腕を大きく振り、多少歩幅を大きく早足で歩くことで、有酸素運動にもつながりますので効果的に体脂肪燃焼につながります。

このウォーキングダイエットを続けていくと、足のむくみが取れたり、下腹部がほっそりしてきたというよい効果もあります。

この効果を実感するには先述のとおり、30分以上の時間を取り、4〜5キロ程度の距離を歩く事が大切です。

体脂肪が燃焼し始めるのは、運動後15分経過時点からといわれています。

30分以上歩くことで、体脂肪が燃えている状態をキープすることができます。

程よく汗をかき、気持ちもすっきりすることでしょう。

ウォーキングダイエットを行った後は、水分補給を忘れずに行いましょう。

また食事制限を多少行うと、よりウォーキングダイエットの効果を実感することができます。

炭水化物としての米飯を二口分少なくする、牛や豚肉よりも鶏ササミ肉をチョイスする、希釈したリンゴ酢を飲むなど工夫をすることで、すっきり痩せ体質に変わっていきますよ。