着物って着ないよね?

着物って着ませんよね。
振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、その前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、いつまでもとっておきたい人も多数派なのでしょうが、手入れも大変なので、保管やお手入れに困るくらいだったら手放してお金に換えることにすればこれからの自分のためかもしれません。
上質の生地で、色や柄も品のいいものなら思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。
自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。
量がたいしたことなければ、着物の買取は、買い取ってくれる店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。
自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、買い取りを断ってしまえばいいのですからね・・。
対面ですからわからないことも聞けますし、価格面でも納得がいきやすいでしょう。
でもでも量が多くて持ち込むのが難しい際は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、見込みのありそうなお店に出張で査定を依頼するというのも手です。
着物の買取が上手くいって、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。
これは確定申告が必要?と思うかもしれません(⌒o⌒)普通、着物は生活必需品とみなされ、買い取りも課税対象ではないのですが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるので税法上も案外複雑ですからね・・。
不安を取り除くためにはきちんと申告して、払うべきものを払うために、どこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。