バイトをしながらカジノディーラーにデビュー?

カジノのディーラーといえば、「白いぱりっとしたワイシャツに黒のベスト、黒い蝶ネクタイ」という服装ですが、映画やテレビなどでその姿を見て、あんなふうに働いてみたい、と憧れたことのある人も多いと思います。
残念ながら日本では公営カジノの存在はまだ認められていませんが、どうしても働いてみたい、という人には海外に出てみることもひとつのおすすめです。
ラスベガスを例に取ってみると、まずディーラー・スクールに入学するのが一番の早道のようです。
そこでいろいろなことを学んだ後、卒業試験にパスして初心者でも雇ってくれる小さな店のオーディションを受けるのが一般的な流れですが、実際、そう簡単にはいきません。
オーディションを受け、就職が決まるまで、生活費が足りなくなればバイトをしながら暮らすことになります。
就職が決まればやっとバイト生活ともサヨナラするわけですが、オーディションを受けられること自体、ラッキーという場合もあるのです。