フラット35の審査に落ちたら他の住宅ローンも無理?【審査厳しい】

住宅ローンをはじめとした長期の借入は、できるだけ早く返済したいという気持ちを持ってしまいます。

早く返済する方法は繰り上げ返済を行うことのみです。

利用者の多い住宅ローンの1種類であるフラット35を例にすると100万円から可能な機関が多いですが10万円からという銀行機関もあるようです。

その際、手数料が発生する場合と発生しない銀行機関があるのでローンを選ぶ際はこの点も見るようにしましょう。

ボーナス払いも併用している場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが多いようです。

人生で最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で買うという人はほぼいないと思います。

多くの場合は住宅ローンで資金調達すると思います。

ローンを選ぶときに変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方ならフラット35がおすすめです。

2004年の開始当初から金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのに良い時期だと言われています。

金利だけを見ると変動型の方が低いですが金利変動で毎月の返済額が高くなる可能性があります。

そのため、最終的に総支払額が割高になることもあります。

なかなか利用することのない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからない人も多いはずです。

ここではフラット35を例にして説明します。

新築で立てる場合では、はじめに借り入れの申し込み、建てようとしている物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

審査結果は約1週間くらいでわかります。

審査に合格したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請をしていただく必要があります。

竣工現場審査に合格したら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きに進めます。

住宅ローンに関することを調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問が多いようです。

フラット35とは銀行と住宅金融支援機構がコラボした住宅ローンのことです。

民間の金融機関では、長期にわたっての高額融資は全期間固定金利では難しいとされています。

資金調達が難しく、リスクが大きいのでメリットとしては、勤続年数が1ヶ月から申しこみ可能と短くても借入できる可能性があることや保証料が必要ではないことや事務手数料以外の保証料が不要なことや繰上げ返済が100万円からと高額なことなどです。

ローンを組む際に重要なことはなんでしょうか?他のローンや公共料金の支払いが滞っていないかというクレジットヒストリーを挙げる人もいますが最も大切なのは借りた後にどのように返済していくかを考えておくことです。

例としては住宅ローンなどの場合では、借り入れ金額が大きく何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを必ず確認してください。

確認方法は自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのサイトにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動の影響で支払額が変わるのでフラット35などの別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

住宅の購入を考えたときに、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、金利が低いので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても何種類かあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名称からは特徴が伝わりにくいですが通常の銀行ローンと何が違うのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと固定金利なので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料がかからないことがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると変動型よりも割高になることや低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので利用できないことがあります。

住宅を購入する際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクを嫌ってフラット35にした人もいると思います。

できるなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35への借り換え融資ができるんです。

その際、お得になるのは金利差が0.3%以上となっています。

変動型から、変動型へ換えることもできます。

行うかどうかは各銀行機関のHPにあるシミュレーションを利用して毎月の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的に考えて検討するようにしてください。

借り換えは再び審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどが挙がりますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人が少なく、どう決めたら良いかわからないという人も多いはずです。

他にも専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないというケースもあります。

全期間固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行機関へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に参加するのがオススメです。

参考:フラット35の審査に落ちたら他の住宅ローンも落ちる?【審査の厳しさ】

この相談会への参加は予約が必要なようなのでHPで会場などの情報をチェックしておきましょう。

固定金利で選ぶ人の多いフラット35ですが、選ぶ際に金利以外で確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や所有権登記などでかかる諸費用です。

他にも、銀行によっては繰り上げ返済時に他の住宅ローンなどでは必要になることがあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいに設定されているのが多いようです。

また、借り換える場合、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用が必要です。

金利を下げて得られる借り換えメリットと比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。

最近CMや広告などで見かけるアルヒの住宅ローンですが、会社やローン商品にどんな特徴があるのかあまり知らない人も多いと思います。

主な特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績シェアが22%と国内で1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」という物件検索サービスも行っており、そこでは勤務地や希望する通勤時間などのカンタンな質問から、今の家賃とほぼ変わらない支払額で買えそうな物件を検索できます。

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

他にも別の金融機関に比べ審査スピードが早いことです。

そのため、先に購入可能額(予算)を確認できます。

ローン用語で親子リレー返済という言葉を聞いたことはありませんか?どんな内容かというと親子2代でローンを返しましょうというものです。

住宅ローンでおなじみのフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で安定した収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合に利用できます。

この制度の有効な状況としては、将来同居を予定している場合や、親が高齢で住宅ローンが組めない、短期でしか組めない場合などに有効です。

高齢だから短期間のローンしか組めない、と言った場合に有効です。

この制度は利用ができるので状況によっては利用を考えてはいかがでしょう。

利用ができるので状況によっては選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

住宅は人生で最大の買い物とも言われています。

その際住宅ローンを組むと思いますが調べてみるとフラット35とフラット35sという2つのプランがあります。

いったいこの2種類のプランはどこが違うのでしょうか。

はじめに言っておきたいのが利用者がどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

その条件の例としては、省エネルギー性や耐震等級3以上の物件かなどが入ります。

これらの要件を満たしていると特別金利のフラット35sが適用されます。

適用されるのでぜひ活用してください。

世の中には様々な住宅ローンがあります。

銀行機関独自のローン商品やフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローン商品など種類が多すぎてなにを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを決定しているのでしょうか。

特に比べられているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動型の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行機関ごとに変わります。

住宅ローンを探す際の参考にしてください。

住宅を買うときに資金調達で利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから事前審査を始めます。

その際、ローンが組めないこともあります。

そういった不測の事態が起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決定する前に事前にクイック事前審査で借入可能額が確認できます。

他の銀行機関のHPにも借入シミュレーションはあるので物件探し時に必ずシミュレーションするようにしましょう。

予算が分かっていれば物件も探しやすくなるのではないでしょうか。

テレビやラジオCMなどでおなじみのフラット35ですが、中古物件でも利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件を達成していれば利用できます。

その条件の例としては、床面積の広さや物件の購入価格が1億円以下かという条件です。

また、中古物件ならではの要件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上経過している、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた物件に対して金利見直しのためにローン借り換えを行う場合は中古住宅扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を買う際にもご活用ください。