頭皮ケアに効果抜群のマッサージ方法

頭皮ケアとして頭皮マッサージを行うのは、とても効果があります。

頭皮のマッサージを行うことで頭皮全体の血行が良くなり、毛母細胞の働きが促進され、より強く、コシのあるつややかな髪の毛が育つようになります。

しかし正しいマッサージ方法を身につけておかないと、かえって逆効果となる場合もありますので注意しましょう。

頭皮ケアのマッサージ方法としては、シャンプーしながら行うタイプもあります。

このシャンプーしながらのマッサージ方法では、両手の親指以外の4本の指を使います。

左右の手の指の腹を使い、頭皮を押し上げるようにしながら、まんべんなく頭皮を動かすようにマッサージします。

このマッサージを行う際に気をつけるべき点として、絶対に爪を立てないようにしてください。

またオフィスで仕事の手をちょっと休めて、簡単にできる頭皮のマッサージ方法もあります。

これは両耳を結ぶラインと、顔の中心線が交差する頭頂部分を両手の指で押さえるもので、このツボは「百会(ひゃくえ)」と呼ばれています。

5回ほど押さえたらいったん手を離し、また押さえます。

これを3セット繰り返します。

また耳の後ろの骨が出っ張っている部分のすぐ後ろ側、押さえると陥没している部分は「完骨(かんこつ)」と呼ばれるツボです。

ここも百会と同じ要領で、指の腹でゆっくりと押します。

やはり5回押しては休んで、3セット程度行うと良いでしょう。

頭皮ケアのマッサージは、このように特別な器具などを使うこと無く、いつでも簡単に行うことができます。