スペキュレーション取引とは?

スペキュレーション取引とは相場の変動を利用して利益を得るための取引のことです。

スペキュレーションとは投機という意味のため投機取引という名称も使われています。

このスペキュレーション取引の説明の際にはキャピタルゲインの取得を目的としているという表現がよくされます。

またよくわからない言葉がでてきたと思う人も多いかもしれませんが、これは所有している資産の価格変動によって生じる収益のことを言います。

売却益はもちろん、差金決済なども含まれます。

つまりスペキュレーション取引とは資産の売買によって利益を得る取引全般のことを言うのです。

スペキュレーション取引の特徴としては比較的短期間での利益を目指して売買をすることが挙げられるでしょう。

株式はもちろん、FXや先物取引などの相場で買い・売りのポジションを作ったうえで相場の変動を見極めたうえで決済を行うことになります。

もっとも一般的なパターンとしては値上がりが見込める商品を購入し、上昇したタイミングを見計らって売却する方法が行われます。

金融商品の売買を行う場合、短期間での利益を目指す方法と、長期的に保有し、安定した利益を得る方法とがあります。

このスペキュレーション取引は前者の目的のために行うことを言います。

なお、安定して受け取ることができる利益のことをインカムゲインといいます。

このスペキュレーション取引を行う投資家のことをスペキュレイターと呼んでいます。

読みが当たれば大きな利益を得られる反面、外れれば多大なリスクを負う可能性もある。

そんなハイリスクハイリターンな取引方法といえるでしょう。