能力主義とは?

能力主義とは、年齢に関係なく優秀で有能な人材をどんどん取り立てていくという人事スタイルのことです。

日本社会では古くから年功序列制度が広く慣行されていました。

「年配こそが上に立つべき」という年功序列は企業社会においてはメリットもあればデメリットもあります。

そんな年功序列制度に疑問を投げかけたのが「能力があっても若いというだけで出世できないのはおかしい」という欧米的な考え方というわけです。

能力主義は欧米ではずっと以前から採用されている人事スタイルで、日本社会でも外資系企業などが真っ先に採用し始めたのが始まりのようです。

外資系に続いて少しずつ、日本に深く根を張り巡らせている老舗的な企業でも能力主義が採用され始め、最近では能力主義は珍しくない存在にまでステータスを高めましたよね。

「頑張れば昇進できる」と労働者のモチベーションが高まる能力主義にはいろいろなメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

例えば、能力主義では成績や実績が全て数字で評価されてしまうために能力を出し切れない人にとっては人格自体を否定されてしまったような気になってしまったり、数字で評価できない場面では評価を行う人の主観によって査定が変わってしまうという事もあるようです。

自分の能力がどのぐらい発揮できるかどうかは、仕事の職種や仕事内容など、自分自身との相性も大きく影響する事が多いようです。

会社との相性がピッタリなら能力主義で短期間で昇進していく事も十分に可能です。

また、会社との相性が合わない場合には転職したりして、自分と相性の良い職場を見つけようと意欲的な方も多くなってきたようです。