無理ゲーって何?

ゲームのジャンルには無理ゲーと呼ばれるものがあります。

これは一言で言えば「クリアするのが無理なゲーム」のことです。

かつて、テレビゲームがまだ登場したばかりの頃、ゲームバランスなどの問題で「どう頑張ってもクリアできないゲーム」というものが存在していました。

これは上手下手の問題ではなく、絶対にクリアできないようなバランスになってしまっているものです。

プレイを進めていくと、HPとダメージのバランスがめちゃくちゃになっていくRPGや、人間離れした反射神経が求められるシューティングゲームやアクションゲームなどがその代表格となります。

このタイプのゲームは単に「クソゲー」と呼ばれることもありますが、その無茶ぶりが逆にマニアの間で高く評価されるといったケースもあります。

それから、非常に高い難易度設定のゲームも時として無理ゲーと呼ばれます。

これはゲームのクオリティそのものは非常に高いものの、難易度が高すぎてクリアできずに断念する人が続出するタイプが多いのが特徴です。

また海外のアクションゲームに多いのもこのタイプの特徴といえるでしょう。

そのため、このタイプのゲームを簡単にクリアした人は神と呼ばれることもあります。

もうひとつのタイプとしては、ゲームをプレイする段階に選択するキャラクターによって無理ゲーと化す場合もあります。

複数のキャラクターから好きなのを選んでプレイした場合、能力が低いキャラクターを選んだ場合はとてもクリアできない難易度になってしまうということも多いのです。

格闘ゲームに多いタイプとなります。

こういった、無理ゲーにあえてチャレンジするのもゲームファンの楽しみとなっています。