不動産鑑定士 資格取得方法

不動産鑑定士という資格は、土地や建物の鑑定評価を行うことができる専門家です。

融資担保としての不動産の評価や土地・建物の売買に伴う不動産の評価、地価の鑑定評価などを行うことができます。

不動産鑑定士は国家資格で、不動産の公正かつ適正な取引を行うための鑑定業務を行うことで知られています。

不動産業界や土地に関する案件を中心に引き受ける弁護士事務所などで多く求められています。

この不動産鑑定士資格を取得するためには、試験を受けることが必要になります。

国土交通省の管轄の国家試験で、試験は年に一回全国の主要都市で行われます。

短答式の筆記試験と、論文等の試験を経て合格者は、一年強の実務研修があります。

この実務研修を経たのちに初めて不動産鑑定士の資格を得ることができます。

不動産鑑定士の資格は土地家屋調査士や宅建資格などを合わせて習得される方も多いようです。

不動産鑑定士の合格率は極めて低く、狭き門と言われています。

平成18年度の新制度での不動産鑑定士試験の合格率は2パーセントだったという結果もあります。

そのために独学ばかりだけではなく、養成スクールに通ったり、通信教育を併用して勉強をされる方が多いようです。

また試験を受けるまでの準備期間は1〜2年ともいわれており、かなりの知識を習得することが必要とされています。

全国で不動産鑑定士として活躍している方は、五千人強です。

この人数は決して多いとはいえず、すべての仕事をカバーしきれるものではないようです。

そのため、不動産鑑定士の養成は急務であるといえるでしょう。

また、報酬の面でもかなりの額が期待できますので、あなたも不動産鑑定士を目指してみませんか?