ニキビ用のクレンジングとは、毛穴のつまりが起こらないような洗浄力とお肌への刺激が強すぎないということが大切。上手に選びましょう。

メイクを落とすクレンジング後にW洗顔をする

メイクを落とすクレンジング後にW洗顔をする

メイクを落とすクレンジング後にW洗顔をすると肌に良いと知り合いに聞いたのですがその際、洗顔石鹸と洗顔フォームどちらを選べば良いのでしょうか。

メリット・デメリットを簡単に比較してみましたので参考にしてください。

固形石鹸の長所としては天然由来の成分でできているので肌や環境に安全なことや泡立てさせるのが難しいので少ない量で洗うことになりコストパフォーマンスに優れている点が挙げられます。

デメリットとしては、保管場所や方法を間違えるとバクテリアが繁殖しやすいことなどがあります。

洗顔フォームのメリットとしてはネットを使わなくてもふわふわの泡が立てられることやプラスチックボトルに入っていることが多いので清潔に保てることです。

デメリットとしては肌へのダメージがある合成界面活性剤が必ず入っていることです。

化粧をする女性の方にとってクレンジングは必ず行うことですよね。

その際、肌へのダメージが心配という人も多いのではないでしょうか。

実際、化粧を落とせるということは強力な洗浄力を持っていることになり、その分肌負担も強力とされています。

主な負担の原因は界面活性剤です。

ただ、化粧を落とす際には界面活性剤は避けられず、肌負担をなくすことはまずできないと言えます。

ただ、肌質に合ったものを選べば負担を最低限にすることができます。

また、クレンジング後に洗顔石鹸で洗顔をするのも人気なようです。

中にはW洗顔はNGという話を聞いたことがあるかもしれませんが落とす汚れの性質が異なるので問題ありません。

スキンケアを考えるとメイク落としは重要です。

メイク落としはみなさんはどう行っていますか?メイク落としシートなどを使っている人もいれば肌に優しい洗顔石鹸を使っている人もいると思います。

固形の石鹸だと毛穴は洗いにくいのではないでしょうか。

その際はクレンジングジェルなどでメイクや毛穴の汚れを綺麗にした後に固形石鹸で洗顔を行うことをお勧めします。

両方行うことによってメイクなどの油性の汚れと汗やほこりなどの水性の汚れ両方を落とせます。

使っている商品によってはW洗顔不要な商品もあります。

生活用品でおなじみの脱臭炭のように脱臭効果があることは知っている方も多いと思います。

これは目に見えないくらいの小さな穴が空いているから発生する現象となっておりキッチンなど様々な場所の匂いが改善されます。

では、メイク落としなどクレンジングで使う炭の洗顔石鹸の場合、どんな効果が期待できるのでしょうか。

商品をいくつか調べてみたところ、石鹸になったからといって脱臭効果がなくなるわけではなく炭素の作用で肌サビを防いだり、血行をよくしてくれる血流改善などのアンチエイジング効果も期待できるようです。

また、石鹸の色が黒なので色素沈着などが心配になりますが泡立てると白い泡ができるので安心して使えます。

ドラッグストアで買い物をした時にたまにサンプルをもらうことがあります。

化粧水などがもらえることもあれば、メイク落としなどのクレンジング剤の場合もあります。

その際、いつも利用している商品のサンプルなら安心ですが違う場合、肌質にあうか不安になります。

もし肌質に合っても刺激がありそうで心配という人もいるようです。

そういった方の場合は肌に優しい天然由来の成分で作られている洗顔石鹸でメイク落としをしているようです。

石鹸を選ぶ場合でも他のメイク落としや化粧品を選ぶように乾燥肌の方にはオリーブオイルなどオイル成分が含まれているものを選ぶなど成分に注意してスキンケアしましょう。

スキンケアに関して専門家に話しているとクレンジングジェルなどでメイクを落とした後に洗顔石鹸を使って洗顔を行なった方がいいと勧められました。

石鹸を選ぶ際に必ず確認するのは値段ですよね。

商品を選ぶ際の目安として多く挙げられる商品価格ですが必ずしも高ければ良いということではなく高価な石鹸でも肌に良くない添加物が含まれていることもあります。

逆に安価な石鹸でも余計な添加物が入っておらず肌に優しい製品もあるので含まれている成分が肌質に合うか試してみましょう。

ただ、質の良い保湿成分が含まれている場合、結果的に高価なことが多いです。

クレンジングジェルなどでのメイク落としは刺激が強いと聞いて低刺激なものを調べていくと天然由来の成分でできた洗顔石鹸が出てきます。

確かに、薄いメイクの場合はこれでも大丈夫という人もいますがしっかりメイクをしている場合では綺麗にメイクは落ちないことが多いです。

なぜかというとクレンジングと石鹸で落とせる汚れは異なるからです。

石鹸での洗顔では、汗やホコリなどの汚れは落とせるのですが油分の強いメイクなどは水に解けないので落とせません。

そのため、一番良いとされているのがメイク落とし後に洗顔を行うことです。

通常の石鹸ではなく洗顔用の石鹸を使う理由としては、全身の皮膚の厚さが2mmあるのに対し顔の皮膚は0.6mm程度と薄くなっており、よりデリケートな部分だからです。

メイクを落としで使うレンジングオイルやジェルですが最近では強い洗浄力による肌への負担に関心を持つ人が増えてきているそうです。

そういった懸念を持つ方たちの中にはメイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔をしている人もいるようです。

仕事で忙しいなどなるべくメイク落としなどに時間をかけたくない方の中にはクレンジング効果もある洗顔剤を使っているパターンもあると思いますがこういった複数の効果を持つ製品の場合、どうしても単品の効果に比べると少し弱くなってしまいます。

また、しっかりメイクを行う平日に合わせて選ぶと薄めのメイクをする休日には刺激が強すぎて肌にダメージがくることもあります。

そのため、生活環境などに合わせてどのアイテムを使うかを見極めていきましょう。

ネットを見ているとクレンジング後に洗顔をした方がいいと出てきますがその際、洗顔石鹸で行うと良いと併記してあることも多いです。

なぜ石鹸の前に「洗顔」とついているかというと多くの場合、顔を洗う際に使われるのは洗顔石鹸・化粧石鹸のどちらかです。

この2つの違いとしては、化粧石鹸は顔を含めた全身を洗うためのものとなっておりもう一つは顔を洗うこと専用にしているからです。

販売している店舗にいた販売員に聞いたところ、全身の皮膚の厚さが約2mmなのに対し顔の皮膚は全体的に薄く最も薄い部分は約0.6mmしかなくデリケートなので全身用の化粧石鹸で洗ってしまうと肌の潤いを守る皮脂まで他に避けたい場所としては直射日光の当たる場所や高温多湿な場所が挙げられます。

みなさんは家に帰ったら行うことは何ですか?メイク落としという人は多いと思います。

マイクを落とす際、クレンジングではどういったことに気をつけていますか?多くの人はシートタイプのものを利用していると思いますが商品パッケージに洗顔不要と書いてなければ洗顔石鹸での洗顔もしたほうがいいです。

なぜかというとクレンジングではメイクや角栓など油性の汚れを落としますが洗顔石鹸の方では肌に付着した汗や汚れなど水性の汚れを落とします。

このように両者には補完関係があるのです。

肌の悩みや肌質に合わせて洗顔料を探しましょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 ニキビ用クレンジングガイド - 毛穴をしっかりケア All rights reserved.