中央銀行とは?

中央銀行は、国家や国家連合など、独立している地域などの金融機構の中心となる銀行のことをいいます。

銀行券を発行して、市中銀行に資金を貸し出す業務も行っています。

日本では日本銀行が中央銀行にあたります。

よく見かける○○(地名など)中央銀行という名前とは関係ないので、間違えないようにしてください。

中央銀行には、いくつかの役割があります。

先ほども書いた銀行券の発行、民間銀行に対して流動性を確保する役割、物価を安定させるために金利や通貨供給量をコントロール、金融機関に対する規制と監督、そして政府の銀行というものです。

貨幣の発行と、銀行のための銀行、政府の銀行という役割は、ほとんどの人が知っていることですが、金利や通貨供給量のコントロールという役割を知っている人は、意外と少ないものです。

中央銀行が、金利や通貨供給量をコントロールしているということは、株式市場に大きな影響を与える可能性があります。

ちなみにここで注意しなければいけないのは、日本銀行にだけ注意していれば良いというわけではありません。

少なくとも日本銀行以外に、アメリカの連邦準備制度(FRB)、欧州の欧州中央銀行(ECB)、英国のイングランド銀行があるので、覚えておいてください。

中央銀行は、国の中枢ともいえる銀行です。

こういうものがあるという知識だけを持っているのではなく、どういう役割を持っていて、現在どのような状況にあるのかも含めてチェックしておきましょう。